大変な大掃除、それは引越しの

大変な大掃除、それは引越しの時です。まず、家の中のものを運び出してから、隅々まで掃除するのはもちろんですが、少しずつでも、前もって始めていくのが最終的に楽になります。ポイントは荷造りより先に、まず、掃除から手を付けることだと思います。そうすることで、ラストに軽く掃除するだけできれいになります。
全ての人にとって引っ越しでダンボールを使うことになり、引っ越し業者から無料で提供されることも多いのですが、有料の業者もいるので注意が必要です。
そんなときにも、スーパーなどに行くと不要になったダンボールをもらえるはずです。そうなるとサイズが揃わなくなります。ダンボールは移動の時、たくさん積んで運ばれるので、サイズが揃っていないと気をつけて積み重ねないといけません。
引越しをする時に業者へ依頼をすると、見積書をもらえると思います。
たいていは問題ないのですが、念のために確認をしっかりしておくことが良いと思われます。
その見積もりに含まれていない場合は、追加料金が発生するケースもあるのです。何か疑問があるときは、なるべく契約前に、問い合わせてみてください。
この間、引っ越しまして、準備で疲れてしまったのは確かです。
マンションに住んでいたし、一階ではなかったので引っ越し業者に大きい荷物を移動してもらいました。
近所に引っ越したこともあって、お金を浮かせようと自分で運べそうなものを残しておいて何日も前から時間をとって、何回にも分けて台車に載せ新居に搬入しました。
本当に、台車にはお世話になりました。
独り者のときの引っ越しは、電化製品や家具も大きなものがなく、業者に頼まずにすることができていました。けれども、結婚をしてから引っ越しを行うと、洗濯機や冷蔵庫などの電化製品や家具が大きくなり、とても大掛かりとなるため、引っ越し業者に任せました。業者に頼むと、電化製品を設置してくれるので、自分で引っ越しをするより楽でした。家を引っ越すこと自体は嫌いでもなくむしろ好きなほうなんですが、国民健康保険等の住所変更など、市役所へわざわざ行っていろいろな手続きをしなくてはいけないところが、面倒に思います。
こういう引っ越しに伴う手続きのあれこれも、インターネットでsくっと自宅などで済ませることができたら手間的にも時間的にも良いのになあと思っています。近距離の引越しの時は、大手の引越しの業者に比べ、地元密着型の引越し業者の方がより良いこともあります。地域の引越し業者は、低価格で細かな要望でも応えてくれるところが多いです。それに、自分で運べる荷物は自身で運んでしまって、大型の家具、家電のみ業者に依頼すると、引越しの費用を下げられるかもしれません。引っ越しの際の挨拶についてお悩みの方も多いようですが、転居元と転居先の隣近所に向けて挨拶しておいた方が今後の生活を気持ちよく過ごすためにも良いと思います。挨拶をサボると隣人との関係がこじれるというケースも珍しいことではありませんから、重要です。
いざという時の隣人トラブルを円満に解消するためにも、隣人には、出来れば挨拶をしておいた方が良いと言えます。
引っ越し作業についてですが荷物の梱包に関しては、大体の物は自分で完了させる、という人はとても多いのですけれど、いくつかのの引っ越し会社では、荷物の梱包を業務の一つとして、メニューに入っています。こういった場合でしたら全部自分で頑張ろうとしないで、業者の手を借りることを考えましょう。
作業に習熟したプロに任しておけば、間違いはないでしょうし、作業中や運搬中に、破損などの被害を受けることがあっても作業を行った業者がその責任を負って弁償するケースもあるためです。
これまで何度も引っ越しをしてきていますが、その私が、たった一つ皆さんに伝えたいことがあります。「引っ越し業者に壊れものを運ばせるな」ということなのですが、これは心からの警告です。ちょっと大手の引っ越し業者に運んでもらった荷物のうち、陶器が何個か、欠けてしまっていました。
割れたものが、自作のお皿だったりしたため、ショックは大きかったです。
ただ、お気に入りのものではありましたが、高価なものではなかったので、もうクレームをつける気にはなれませんでした。
ですがこれ以降、大事なものや壊れやすいものは、自力で運ぶことにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*